乃木坂46

【歌詞考察・意味】乃木坂46「制服のマネキン」恋愛に暴走しないで困難を乗り越えよう!

【歌詞考察・意味】乃木坂46「制服のマネキン」恋愛の困難を乗り越えよう!

こんにちは!

ぷくさんです!

今回は、「制服のマネキン」を考察していきます!

乃木坂46の初期の頃の曲で、歌詞内容が大人への反発や、制服に対するネガティブイメージが、それまでの乃木坂46のイメージを反転させるようなメッセージをまとっています

そんなこの曲は「サイレントマジョリティー」の原型と言われています!

 

では、考察していきます!

 

このブログは、新規の方向けに、わかりやすいコンテンツを制作しています曲の紹介・歌詞考察・ランキングなどなど・・・ブログを読んでいただければ、まずは新規を卒業し、他の人にも話すことができますので、布教活動のほどよろしくお願いします!

この記事の伝えたいこと

ストーリー

恋愛に暴走しかけている「僕」の一人相撲・・・

恋愛の困難にぶつかっている人へ!

曲紹介

乃木坂46 OFFICIAL YouTube CHANNEL

2012年12月19日リリース 4thシングル

作詞 秋元康、作曲 杉山勝彦

センター 生駒里奈

この曲がヒットしていたら、今の欅坂46のようになっていたのでしょうか?そんな想像も楽しいですね!

ストーリー

電車が通り過ぎる高架線の下で、「君」が何かを言いかけたけど、電車の音で聞き取れなかった・・・唇を読んでみたけど、イエスかノーかわからない・・・ 

河川敷の野球場で、黙り込んでしまった僕らのところまで、ボールを打った金属音がしたがボールは飛んでこなかった 

踏み出してみないと何も始まらないのに、頭の中だけで答えを出すな! 

恋をするのはいけないことか?大人たちは若すぎると邪魔をしてくるけど、その気持ちを隠したら制服を着たマネキンだよ!

冬の寒い気候で、冷え込みそうだ、自販機で買った缶コーヒーを君にあげる 

卒業をまったところで、何も変わらないだろう今しかできない選択もある! 

清純なんて大人が求める幻想だ!そんなものを守っているのか?僕は本気で好きなんだ!制服を着たマネキンよ、意思はどこにあるんだ? 

できないのではなく、やってないだけだ!生まれ変わるチャンスはそこにあると、僕は何度も誘うよ! 恋をするのはいけないことか?

登場人物は、「僕」と「君」

「僕」は「君」のことが好きなのだが、「君」は一歩踏み出せずにいる・・・「僕」はもどかしさを感じながら、一歩踏み出そうと誘う、というストーリー

考察

今回も、気になったキーワード、フレーズから、この曲の意味を探っていきたいと思います

キーワード

制服を着たマネキン

マネキンとは、本来は店舗で販売・宣伝促進のために、店頭で働いている販売員のことをいいます

そして、多くの場合には、販売促進の為に、衣服を着せた等身大の人形のことを指しています

この曲においては、マネキン人形の方で使われています

つまりは、制服を着せられて意思のない人形のような状態を表しています!

キーフレーズ

なにを言ったのか?

君が何かを言いかけて 電車が過ぎる高架線 動く唇 読んでみたけど YesかNoか?

引用 乃木坂46 「制服のマネキン」 作詞秋元康

この表現、どっかで聴いたことあるなぁと思ったのですが、「サヨナラの意味」でも高架線でのやり取りが描かれています

なにか重要なやりとりの時は、高架線の下なんですね!

そして、「僕」が何を言って「君」は何と答えたのでしょうか?

YesかNoかの二択で答えられるもの・・・

この曲の始まり・・・

ということを考えると、やはり「僕」が「君」に告白して、「付き合おう!」と言ったことが考えられます

 

しかし、答えはわからない・・・

 

もしかしたら、どっちとも答えていない可能性もあります・・・

 

二人はうまくいっていない?

河川敷の野球場で ボールを打った金属音 黙り込んだ僕らのとこへ 飛んでくればいい

冬型の気圧配置に 心が冷え込みそうだよ 自販機の缶コーヒー 君の手にあげる

このふたつのフレーズは、共通点があります

それは、季節感と恋愛関係の危機の表現です!

野球場で、パッと思い浮かぶのは、「甲子園」→「夏」ではないでしょうか?

私の個人的な認識ですが、この野球→夏の連想は結構、多いと思います

そして、「冬型の気圧配置」はそのまま、冬ですね!

なので、季節の流れが表現されています

次に

「黙り込んだ僕ら」と「心が冷え込みそうだよ」から、二人の恋愛関係がうまくいっていない状態が続いていることがわかります

ということは、「君」はやはり、時間が経っても答えを出さずに煮え切らない状況なのでしょう!

 

恋をするのはいけないことか?

恋をするのはいけないことか? 僕の両手に飛び込めよ 若過ぎる それだけで 大人に邪魔をさせない 恋をするのはいけないことか? 君の気持ちはわかってる 感情を隠したら 制服を着たマネキンだ

どんな自分を守ってるのか? 純情の壁 壊すんだ 汚れなきものなんて 大人が求める幻想 どんな自分を守ってるのか? 僕は本気で好きなんだ その意思はどこにある? 制服を着たマネキンよ

この二つのフレーズで、「僕」は大人に対する反発の気持ちと、「君」に対しての気持ちを表現している

大人は、「若すぎるから恋愛はするな」「純情でいろ」と言ってくるけど、そんなのは大人が勝手に決めたものだ!

と、大人に対抗している

 

そして、最初は「感情を隠したら 制服を着たマネキンだ」から、次に「その意思はどこにある? 制服を着たマネキンよ」に変わる

つまりは、「君」はそんな大人たちに、大人のルールを押し付けられて、結局「制服を着たマネキン」に変わってしまったのだ・・・

 

できないんじゃない やってないだけだ!

できないんじゃない やってないだけさ 未来の扉 そこにあるのに 僕は何度も誘う 生まれ変わるのは君だ 僕に任せろ

このフレーズは「制服を着たマネキン」になってしまった「君」に、言っている言葉です!

大人が言うからできないと言う「君」に、「できないんじゃない!やってないだけさ!」「僕にまかせろ」と一歩踏み出すことを後押している様子がわかります!

 

ストーリー再考

高架線の下で、告白をした「僕」 

その答えをはぐらかした「君」 

「君」は大人の言う通りに「若いから・・・」と清純を守ろうとしている・・・ 

そんな煮え切らない「君」との関係が時間が経つにつれて、薄れていく・・・

危機感を感じた「僕」は「君」のことを「それじゃ、制服を着たマネキンだ」と言い、「それでいいのか?「僕」が全部うけとめてやる」と、男を見せるのであった!

といったストーリーだと考察します

この曲の「僕」は、不安な「君」を全力で支えて、一歩踏み出してみようよ!と言える、かなり頼れる男ですね!

こういう人が、モテるのでしょうね!(笑)

しかし、一歩間違えると、勝手に暴走しているようにも見えてしまうので、こういう人を目指すなら、加減に注意しないといけませんね!(笑)

 

ストーリーまとめ

この曲は、「僕」視点での描写と、「僕」の一歩踏み出せない「君」に対する思いが語られていて、「制服のマネキン」というタイトルの通りになってしまった「君」に、なんとかそこから抜け出させてあげたいという気持ちが詰まっています

つまり、制服のマネキンにはなるなということですね!

曲中の「僕」の想いがかなり強くて、一歩間違えたら、暴走して一人相撲になってしまう可能性がありますので、ご注意を!

この曲のメッセージ

この曲は「制服のマネキン」という通り、大人に制服を着させられた人形になるなというメッセージがあります

大人の言う通りに、「若いから・・・」「清純をまもれ」と過ごしていては、恋はいけないことになってしまう・・・

そんなの一歩踏み出してみないと、わからない!今しかできないチャンスも失ってしまう!

大きな力に飼いならされてしまってはいけないと、教えてくれます!

 

この曲では、大人という障害に悩まされている恋が描かれていますが、その障害をどう解消するかを考えてみたいと思います!

 

恋愛においての、困難を乗り越える方法!

恋愛に起こる困難も大きなものも小さなものがありますね!

この曲では、大人による邪魔みたいな大きな障害や野球場で会話に困るみたいな小さなものがあります

そんな困難にぶつかっている方へ読んでもらいたいです!

 

会話に困ったときの解決法!

この曲の中に「黙り込んだ僕らのとこへ 飛んでくればいい」という場面がありますね

こんな風に、会話に行き詰ってしまった経験が皆さんにもあると思います!

 

そんな時に思い出してほしいのは、

 

「会話は楽しい雰囲気でいい!」ことです!

 

つまり、内容はそこまで重要ではないのです!

話し合い等の、何かを決めるときには、もちろん重要ですが・・・

 

皆さんも、特にデートなんかは、「楽しさの共有」を意識しましょう!

 

自分「楽しいね!」相手「楽しいね!」

自分「おいしいね!」相手「おいしいね!」

 

といった感じで、その時の楽しさを一緒に感じるやり取りをしていきます!

これが「楽しさの共有」です!

これは記憶にも強く残っていくので、相手に楽しかった印象を強く残せます!

 

もちろんこれだけだと、片想いの場合やそこまでの仲ではない相手はうんざりしてしまいますね・・・

そんな時は、「ほめて」ください!

人は皆、ほめられて嫌な人はいません!

ほめまくっていれば、いづれ相手のツボにあたります!(嫌味にならないように注意しましょう!)

そうすれば相手に話をしてもらって、適度な相づちと質問を繰り返していけば、会話も成立していきます!

相手のことも知れて、相手も楽しい、良いことしかないです!

 

この曲の「僕」は、それができなかったのですね・・・

つまりは、「君」に対しての、不満や期待で頭がいっぱいになってしまって、楽しく過ごそうとする気持ちがなかったのです!

 

「会話は楽しい雰囲気でいい!」「内容は二の次!」と覚えてください!

 

恋愛の障害が大きいほど、乗り越えられる!

この曲では、大人の言いなり「制服のマネキン」となってしまった「君」との恋愛を描いています

この大人が障害となっています

「僕」は大人に反発して、「君」に一緒に一歩踏み出そうと言っています

これは、非常に効果的です!

 

というのも、障害があるほどに恋愛感情が高まる「ロミオとジュリエット効果」が発動しているからです!

 

「ロミオとジュリエット」はシェークスピアの戯曲で、若い男女の恋愛悲劇です

家の事情やなんだかんだで、二人には多くの障害があって、それが恋愛感情を強くさせたとの解釈があります

ちなみに主人公の二人とも最後には死んでしまうのですが・・・

 

この効果をうまく使うと、障害がある緊張感が恋愛感情とごちゃごちゃになって、結果、恋愛の方が盛り上がってしまうのです!

例えば、「大学受験時に一緒の大学を受けよう!」や、「一緒に文化祭実行委員会をやる」などの、ちょっと難しいけど、一緒に頑張れそうなこと、をやるといいですよ!

 

この曲では、「ロミオとジュリエット効果」がそのまま当てはまりますね・・・

結末はわかりませんが、良い方に進んでいると良いのですが・・・

 

皆さんも、この「ロミオとジュリエット効果」を正しい方に活用して(悪い例は、不倫・・・)、障害を乗り越え恋愛を成就させましょう!

 

まとめ

今回は乃木坂46の「制服のマネキン」を考察してきました

ストーリーは、「僕」視点での、「制服のマネキン」となってしまった「君」に一歩踏み出そうと勇気づけている様子が描かれています

この曲の「僕」は男らしく頼れる人ですが、一歩間違えてしまうと、暴走恋愛一人相撲をしてしまいそうです・・・

また、今回は「制服のマネキン」のシチュエーションでの、恋愛の困難の乗り越え方を考えてみました!

それは

  • 会話に困ったときは、「会話は楽しい雰囲気でいい!」を思い出してほしい
  • 恋愛の障害は「ロミオとジュリエット効果」で乗り越えよう!

のふたつです!

この記事を読んで頂いた方が、恋愛や他のことでも、一歩踏み出せるよう背中をちょっとでも押せたら幸いです!

制服のマネキン TypeA
https://pukusan.net/2020/03/17/nogizaka-ranring30-hure-zu/

いつも見て頂きありがとうございます!

皆様に見て頂けることが、モチベーションアップになります!

今後もよろしくお願いいたします!

よろしければ、ご感想や要望をTwitterなどで頂けたら嬉しいです!

ABOUT ME
ぷくさん
ぷくさん
乃木オタがこうじて、ブログを始めました! お役立ち情報をお送りしますので、よろしくおねがいします!! Twitterもやっていますので、フォローお願いします!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。