乃木坂46

【歌詞考察・意味】乃木坂46「帰り道は遠回りしたくなる」ちょっと遠回りしたくらいじゃ何も変わらない!

【歌詞考察・意味】乃木坂46「帰り道は遠回りしたくなる」ちょっと遠回りしたくらいじゃ何も変わらない!

こんにちは!

ぷくさんです!

 

今回は、の「帰り道は遠回りしたくなる」の考察をしていきたいと思います!

この曲は、乃木坂46のエース、西野七瀬の卒業曲です!

私は、元々から西野七瀬さんのファンで、この曲も思い入れの深いものがありますし、歌詞にもメッセージ性の強さを感じます

 

では、いきましょう! 

 

このブログは乃木オタ歴7年の私が、新規の方向けにわかりやすいコンテンツを制作しています!曲の紹介・歌詞考察・ランキングなどなど・・・

ブログを読んでいただければ、他の人にも話すことができますので、布教活動のほどよろしくお願いします!

この記事の内容

乃木坂46「帰り道は遠回りしたくなる」の考察

  • 西野七瀬の卒業曲にピッタリ!
  • 帰り道は遠回りしたくなるとは、どういうこと?

一歩目、踏み出せない人に読んで欲しい!

 

曲紹介

乃木坂46 OFFICIAL YouTube CHANNEL

2018年11月14日リリース 22thシングル

作詞 秋元康、作曲  渡邉俊彦

センター 西野七瀬 卒業曲

 

考察

今回は、フレーズごとに考察を進めていき、この曲の全体を把握していきたいと思います!

 

フレーズ考察

漫画

好きだった… この場所…

やめられない漫画を途中で閉じて 顔を上げて気づくように 居心地いい日向もいつの間にか 影になって黄昏(たそがれ)る

引用 乃木坂46「帰り道は遠回りしたくなる」 作詞 秋元康

 

“やめられない漫画を途中で閉じて”ふと気が付くと、お昼には陽が射して日向になっていた所が、影になって日が暮れようとしています

「僕」は、夢中になったら、とことんのめり込んで一生懸命になって、時間も忘れてしまうタイプなのが、ここのフレーズでわかります

 

ちなみに、漫画というワードは西野七瀬さんっぽいですね!

ソロ曲の「光合成希望」にも出てくるワードです!

 

僕の夢

君と合って 過ぎる時間忘れるくらい夢中で話した 僕の夢は ここではないどこかへ

引用 乃木坂46「帰り道は遠回りしたくなる」 作詞 秋元康

  

この曲の「僕」は夢中になると、時間も忘れてしまうのですが、ここのフレーズでも時間を忘れて取り組む様子が描かれていますが、先の部分と違うのは話した内容が気になることです

どういった内容だったのでしょうか?

 

このフレーズではこう続きます・・・

“僕の夢は ここではないどこかへ”・・・

つまりは、「君と話しているうちに、そういった思いが生まれて、夢について話すようになった」のではないでしょうか?

君と会って同じ道を進み始め、意気投合して楽しい日々を過ごしたのだけれども、その話をしている中で、自分の夢に気付く・・・

「自分はこんなことをしたかったんだ・・・」と・・・

 

帰り道は遠回りしたくなる

帰り道は 帰り道は 遠回りをしたくなるよ どこを行けば どこに着くか? 過去の道なら迷うことがないから 弱虫(弱虫…) 新しい世界へ 今 行きたい 行きたい 行きたい 行きたい 強くなりたい

引用 乃木坂46「帰り道は遠回りしたくなる」 作詞 秋元康

 

この曲のタイトルである「帰り道は遠回りしたくなる」というワードがここで出てきます!

この「帰り道は遠回りしたくなる」ということはどういうことでしょうか?

 

ここのフレーズでは、“どこを行けば どこに着くか? 過去の道なら迷うことがないから”と言っていますので、どこに着くかわかりきった道を進むことがつまらなく退屈になってしまったことがわかります

そして、“弱虫”、“新しい世界へ 今 行きたい”というワード・・・

つまりは、「帰り道は遠回りしたくなる」というのは、

今いる場所は変えられないけれど、そこから飛び出したい気持ちを「帰り道をちょっと変える」ことで満たし、新しい場所へは行けない「弱虫」だから元の場所へ帰ってしまう気持ちを表現しているのです

言い換えると、居心地の良い現状維持と、可能性に満ちた挑戦の間で、どちらにもつけないアンビバレントな状態ということですね!

 

一歩目踏み出そう!

oh! oh! oh! 好きだった… この場所… oh! oh! oh! 一歩目… 踏み出そう!

引用 乃木坂46「帰り道は遠回りしたくなる」 作詞 秋元康

 

最初の“好きだった この場所”から、プラス“一歩目 踏み出そう!”になっています

これは、「僕」の心境の変化を表していますね!

 

少し寂しさを感じる

街灯りが寂しくふと感じるのは 見慣れた景色と違うから いつもの高架線が見えなくなって どこにいるかわからない

引用 乃木坂46「帰り道は遠回りしたくなる」 作詞 秋元康

 

この場面は、もういつもとは違う場所にいることが、“いつもの高架線が見えなくなって どこにいるかわからない”という部分からもわかります

きっと先の、“一歩目 踏み出そう!”の決心した後の行動です

 

そこで、「僕」は“街灯りが寂しくふと感じる”のですが、それは“見慣れた景色と違うから”で、「あ~、ここはもういつもの場所じゃないんだな・・・」と寂しくなるのです

 

皆さんも引っ越しの時に、転居先で作業を一通り終えた後、周りの景色を見て、「あ~、引っ越してきたんだぁ・・・」と少し寂しくもあり、新しい生活が楽しみに思えたりしますよね?

 

変わりたくない!

人は誰も 変わることに慣れていなくて昨日と同じように 今日も明日も ここにいたくなるんだ

引用 乃木坂46「帰り道は遠回りしたくなる」 作詞 秋元康

 

この部分は、人は誰しも「変わることが怖いと思うことが普通で、今いる場所が一番良い」と思うことを、「僕」は知っている、というか自分自身で感じ取ったことなのでしょう

皆さんもそうですよね?私も思い当たる部分は大いにあります!

 

戻れなくても

知らない道 知らない道 あと何回 歩けるだろう 夢の方へ 愛の方へ 風は道を選んだりはしないよ このまま(このまま…) ONE WAYの標識 でも 行くんだ 行くんだ 行くんだ 行くんだ 戻れなくても…

引用 乃木坂46「帰り道は遠回りしたくなる」 作詞 秋元康

 

風が道を選ばないで自由に吹くように、自分も流れるまま自由に、知らない道を進む、つまりは新しい挑戦をしていこうと決心する様子が描かれています

そして、“ONE WAYの標識”、“戻れなくても”というワードからも、その意思の強さがうかがえ、“知らない道 あと何回 歩けるだろう”から、新しい挑戦に対し期待感をもっていることもわかります

 

今までは、いつもいる場所が一番居心地がよく、それを変えたくないと願い、新しい挑戦や夢に対して一歩を踏み出すことに躊躇していた「僕」が、新しい挑戦に期待や楽しみを感じ、戻れなくても構わないとの決意すら持つようになっていました!

 

大事な別れ

君と離れるのは悲しいけど 大事な別れだ もっともっと広い世界 知らなきゃいけない いつか(いつか)きっと(きっと) 違う道を選んだ意味 輝く未来のためと 互いにわかるだろう

引用 乃木坂46「帰り道は遠回りしたくなる」 作詞 秋元康

 

ここの部分は、「僕」から「君」への言葉です!

今、ここで別れることは悲しくつらいし、この後がどうなるかすらわからない・・・けれど、ここでの別れは後になって、広い世界を知るきっかけになった!、あの時の一歩が輝く未来への一歩だったんだ!ときっとわかる日がくる!

この「君」への言葉で、別れはネガティブなものではなく、お互いの未来のためのだと、ポジティブな意味としての別れだと「僕」は説明しています

 

未来はもっと眩しいかもしれない!

風のように 風のように 思うままに生きてみよう 過去がどんな眩しくても 未来はもっと眩しいかもしれない

引用 乃木坂46「帰り道は遠回りしたくなる」 作詞 秋元康

 

個人的にこのフレーズが一番好きな部分です!

 

先にも出てきた「風」というワード・・・これは、この曲での「自由」の象徴です!

風のように自由に、気持ちの向く方へ進んでみよう!

 

確かに、今いる場所は居心地も良く「人生の中でも、一番良い状況」だと思えるかもしれません!

でも、もしかしたら未来は今よりもっと幸せな人生が待っているかもしれない!

それは、一歩踏み出して行ってみるしか方法はありませんし、そこに辿り着いてみるしか結果もわかりません・・・

 

だから、風のように自由に思うままに生きて、いろいろなことに挑戦してみればいい!

その結果、どれかが成功するかもしれない!

 

大切な思い出・・・

帰り道は 帰り道は 遠回りをしたくなるよ どこを行けば どこに着くか? 過去の道なら迷うことがないから 弱虫(弱虫…) 新しい世界へ 今 行きたい 行きたい 行きたい 行きたい 強くなりたい

oh! oh! oh! 好きだった… この場所…

oh! oh! oh! 大切な… 思い出…

oh! oh! oh! 好きだった… この場所…

引用 乃木坂46「帰り道は遠回りしたくなる」 作詞 秋元康

 

このサビは二回目です

これまでの考察の「僕」の心情の変化から考えると、この二回目のサビに、新しい挑戦をしたい気持ち、夢への気持ちの強さや、元のいた場所への想いの強さがより一層増して聞こえてきますね!

 

また、“oh!~”の3連続している部分からは、本当に大事な「場所」「思い出」だったのだと伝わってきます

 

では、考察をまとめていきす!

ストーリー考察

今までの考察をまとめ、ストーリーを考えていきます!

 

今いる場所に居心地の良さを感じ、帰り道をちょっと変えるくらいの挑戦しかできなかった「僕」

「君」と出会い、夢中で話をしている中で、自分の夢に気付く

その夢を叶えるために、大切な居心地のいい場所と「君」と離れる決心をする、それがたとえ戻れないとしても・・・

この別れは、いずれ大事な別れになる!ここで離れたことが、きっと今よりもずっと良い未来に繋がると信じている!と、「僕」は「君」に話し、新しい道へ一歩進むのだった!

 

この曲は西野七瀬さんの卒業曲であるので、もちろん「僕」には西野七瀬さんがモデル、または投影されているものだと思いますし、「好きだった場所、大切な思い出」は乃木坂46なのでしょう

現在の西野七瀬さんは、エンターテインメントの世界で、演技・モデル等の活躍をされているので、この曲の「僕」のような気持ちで、乃木坂46から卒業したのだと感じとることができますね!

 

この曲は、西野七瀬さんのことではありますが、私たちにもこの曲から得るものはあると思います!

この曲のメッセージ

では、この「帰り道は遠回りしたくなる」のメッセージとはなんでしょうか?

 

それは、「帰り道を変えたぐらいじゃ、何も変わらない!」です

 

人はどうしても今いる場所から新しい場所へと行くには、抵抗を持ってしまいます!

なので、この曲でも、新しいことをしてみたいという気持ちはあるけれど、帰り道をちょっと遠回りして、それで気持ちを満足させています

私にも、この経験はありますよ!(笑)

 

新しいことに挑戦してみたい!けど、こわくて一歩も踏み出せず、今までのことを少し変えただけで満足していませんか?

 

では、なぜ人はこうやって、一歩踏み出すことにためらいの気持ちがあるのでしょうか?

なぜ同じ場所へ帰ってしまうのか?

それは、「現状維持バイアス」というものがあるからです!

「現状維持バイアス」とは、ただ今の状態の方が楽で安心という気持ちもありますが、人は損することが、得をして嬉しくなるよりも、二倍嫌な気持ちになるのです!

 

この「現状維持バイアス」が働いて、新しいことに挑戦すると、失敗して後悔するのではないか?と。挑戦することにたいして、嫌な気持ちが勝ってしまいます・・・

これが、一歩踏み出せない理由です!

 

では、どうすれば「帰り道は遠回りしたくなる」のを、帰る場所そのものを変えることができるのでしょうか?

踏み出すためには?

一歩踏み出すためには、これから起きることは、良いことも悪いことも同じ確立で起きるものだと考えることです!

 

この曲にもあるように

“過去がどんな眩しくても 未来はもっと眩しいかもしれない”

と考えることが大事なのです!

 

このフレーズには、もちろん未来が良くなる希望の意味も含まれていますが、“未来はもっと眩しい「かもしれない」”からわかるように、未来を的確に予測することはできないのです!

未来を予測するのは難しい、というか、無理ですよね?

なので、うまくいくもうまくいかないもわかりません!

 

未来がうまくいくか、いかないかを最初から、失敗の方向へ考えてしまうのが人です!

まずは、失敗を考えることをやめて、成功も失敗も同じく確立で起こえることと考えましょう!

そして、結果は、「成功」「失敗」「どちらでもない」の3つの内、「成功」か「どちらでもない」になればいいのです!

要は、3分の2で、失敗しないのです!

 

なら、新しい挑戦もしてみる価値があると思えませんか?

 

帰り道を変えたくらいじゃ、何も変わらない!

3分の2で失敗しないなら、新しい挑戦もしてみようと思えますよね?

 

なので、今までいる場所が心地よくて変えたくなけれど、何かしてみたいという「帰り道は遠回りしたくなる」状態から、一歩踏み出して、帰る場所自体を変えてみませんか?

 

そうすれば、未来はもっと眩しいかもしれません!

 

まとめ

今回は、「帰り道は遠回りしたくなる」を考察してきました!

 

この曲は、西野七瀬さんの卒業曲で、歌詞も彼女を投影したかのような内容でした

 

新しいことを始めたいが、今いる場所が心地よく変えたくない!そんな気持ちをもっていた「僕」も夢のために、勇気を出して一歩踏み出す、というストーリーが語られています

 

そして、この「帰り道は遠回りしたくなる」状態から、一歩踏み出してみたら、もっと眩しい未来が手に入れられるかもしれません!

そんな、これから新しいことに挑戦する人への応援歌のような曲です!

 

この記事で、少しでも新しいことに挑戦する勇気を持てたり、背中を押すことができたらうれしいです!

 

 

ランキングに参加しています!クリックにご協力を頂けると嬉しいです!

↓↓↓↓

にほんブログ村 芸能ブログ 乃木坂46へ
にほんブログ村

 

この曲に興味を持って頂けたら、こちらから購入できます!

↓↓↓↓

 

いつも見て頂きありがとうございます!

皆様に見て頂けることが、モチベーションアップになります!

 

今後もよろしくお願いいたします!

よろしければ、Twitterをフォローして頂けたら嬉しいです!

↓↓↓↓↓

ABOUT ME
ぷくさん
ぷくさん
乃木オタがこうじて、ブログを始めました! お役立ち情報をお送りしますので、よろしくおねがいします!! Twitterもやっていますので、フォローお願いします!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。