乃木坂46

【歌詞考察・意味】乃木坂46「僕がいる場所」

こんにちは!

ぷくさんです!

 

いつもこのブログを見て頂き、ありがとうございます!

 

今回は、乃木坂46の「僕いる場所」の考察をしていきたいと思います!

 

 

では、考察していきましょう! 

 

このブログは乃木オタ歴7年の私が、「この歌詞の意味はなんだろう?」と疑問に思ったことから始めた歌詞考察です!

歌詞の意味がわかれば、また違った角度から曲も楽しみ、新しい発見もあるかもしれませんし、曲を気に入ってもらうきっかけになれば良いかと思っています

このブログはきっと他の人にも話したくなる内容だと思いますので、布教活動のほどよろしくお願いします!

この記事の内容

曲紹介

2015年1月7日リリース 1stアルバム「透明な色」収録曲

作詞 秋元康、作曲 杉山勝彦

センター 生田絵梨花

 

考察

今回は、フレーズごとに考察を進めていき、この曲の全体を把握していきたいと思います!

 

フレーズ考察

君のことを考えた 僕が死んだ日のことを… ずっとそばにいたいけど 別れはやって来る

引用 乃木坂46「僕がいる場所」 作詞 秋元康

  

君はきっと泣くだろう 僕のいない現実に… いくら泣いても泣いても 涙が止まらない

引用 乃木坂46「僕がいる場所」 作詞 秋元康

 

 

 

 

 

 

 

「」のメッセージ

まとめ

そして、この曲を知って聴いてもらう「きっかけ」になれればと思います

 

この曲に興味を持って頂けたら、こちらから購入できます!

↓↓↓↓

いつも見て頂きありがとうございます!

皆様に見て頂けることが、モチベーションアップになります!

 

今後もよろしくお願いいたします!

よろしければ、ご感想や要望をTwitterなどで頂けたら嬉しいです!

↓↓↓↓↓

ABOUT ME
ぷくさん
ぷくさん
乃木オタがこうじて、ブログを始めました! お役立ち情報をお送りしますので、よろしくおねがいします!! Twitterもやっていますので、フォローお願いします!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。