乃木坂46

【歌詞考察・意味】乃木坂46「立ち直り中」

こんにちは!

ぷくさんです!

 

いつもこのブログを見て頂き、ありがとうございます!

今回は、乃木坂46の「立ち直り中」の考察をしていきたいと思います!

 

 

では、いきましょう! 

 

このブログは乃木オタ歴7年の私が、「この歌詞の意味はなんだろう?」と疑問に思ったことから始めた歌詞考察です!

歌詞の意味がわかれば、また違った角度から曲も楽しむことができますし、曲を気に入ってもらうきっかけになれば良いかと思っています

このブログはきっと他の人にも話したくなる内容だと思いますので、布教活動のほどよろしくお願いします!

この記事の内容

曲紹介


乃木坂46 OFFICIAL YouTube CHANNEL

2015年3月18日リリース 11thシングル「命は美しい」収録曲

作詞 秋元康、作曲  Hiroki Sagawa

センター 白石麻衣

 

考察

今回は、フレーズごとに考察を進めていき、この曲の全体を把握していきたいと思います!

 

フレーズ考察

鮮明な記憶

永福町駅から道路渡って 大勝軒の脇の道を歩く 十字路曲がって坂を下りれば あなたの家と思い出が見える

引用 乃木坂46「立ち直り中」 

 

まず最初のフレーズですが、やたらと具体的な場所が出てくるのですが、

これは、主人公の「私」が時間が経っても、まだ鮮明に“あなたの家と思い出”を覚えているということを表現しています

具体的な地名や経路を出すことで、より「覚えている」ことを強調していて、その思い出への想いの強さが感じられます!

 

風鈴の音 どこかで聴こえたあの夏 繋いだ手がちょっぴり汗ばんでいたけど 離しちゃったら あなたがどこかいってしまいそうで 嫌われないように何度も繋ぎ直した

引用 乃木坂46「立ち直り中」

  

何で ここまで一人来たのだろう あなたになんて会えないのに 知らず知らず足が向く 今も 悲しいことがある度に やさしい顔が思い浮かぶ 立ち直り中

引用 乃木坂46「立ち直り中」

 

空き地はあれからアパートが建って 少しだけ記憶と違って見える 真夜中 あそこでキスをしたこと 流れた時間(とき)に上書きされた

引用 乃木坂46「立ち直り中」

もしも道であなたに会ってしまったら そう私はどういう言い訳すればいい? 「久しぶり」と明るく声を掛けるだけで あなたは昔のようにすべてを察してくれる

引用 乃木坂46「立ち直り中」

やっと 自分の足で歩き出して あなたのことを忘れたって 思ったけど無理だった だから 心から目を逸らさずに ちゃんと現実 向き合って リハビリ中

引用 乃木坂46「立ち直り中」

恋は 輝いていたその日々と 同じ時間かけゆっくりと 癒されてくものなのね

引用 乃木坂46「立ち直り中」

何で ここまで一人来たのだろう あなたになんて会えないのに 知らず知らず足が向く 今も 悲しいことがある度に やさしい顔が思い浮かぶ 立ち直り中

引用 乃木坂46「立ち直り中」

まとめ

この曲に興味を持って頂けたら、こちらから購入できます!

↓↓↓↓

いつも見て頂きありがとうございます!

皆様に見て頂けることが、モチベーションアップになります!

 

今後もよろしくお願いいたします!

よろしければ、ご感想や要望をTwitterなどで頂けたら嬉しいです!

↓↓↓↓↓

ABOUT ME
ぷくさん
ぷくさん
乃木オタがこうじて、ブログを始めました! お役立ち情報をお送りしますので、よろしくおねがいします!! Twitterもやっていますので、フォローお願いします!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。