乃木坂46

【歌詞考察・意味】乃木坂46「裸足でSummer」

こんにちは!

ぷくさんです!(@pukusaaanよろしければTwitterフォローをお願いします!)

 

いつもこのブログを見て頂き、ありがとうございます!

 

今回は、の「裸足でSummer」の考察をしていきたいと思います!

 

 

では、考察していきましょう! 

 

このブログは乃木オタ歴7年の私が、「この歌詞の意味はなんだろう?」と疑問に思ったことから始めた歌詞考察です!

歌詞の意味がわかれば、また違った角度から曲も楽しみ、新しい発見もあるかもしれませんし、曲を気に入ってもらうきっかけになれば良いかと思っています

このブログはきっと他の人にも話したくなる内容だと思いますので、布教活動のほどよろしくお願いします!

この記事の内容

曲紹介


乃木坂46 OFFICIAL YouTube CHANNEL

2016年7月27日リリース 15thシングル

作詞 秋元康、作曲  福森秀敏

センター 齋藤飛鳥

 

考察

今回は、フレーズごとに考察を進めていき、この曲の全体を把握していきたいと思います!

 

フレーズ考察

いつもの夏と違うんだ 誰も気づいていないけど 日差しの強さだとか 花の色の鮮やかさとか… 何度も季節は巡って どこかに忘れていたもの 誰かを好きになる 切ない入り口を… You know…

引用 乃木坂46「裸足でSummer」 作詞 秋元康

  

オレンジ色のノースリーブ ワンピース サイドウォークで 太陽が似合うのは君だ ルイボスティーを飲みながら なぜ 一人微笑むの? テーブルの下 さりげなく サンダル 脱ぎ捨てた

引用 乃木坂46「裸足でSummer」 作詞 秋元康

 

 

裸足になってどうするつもり? そのまま どこかへ歩いて行くの? ねえ 何をしたいんだ? 行動が予測できないよ 他人(ひと)の目 気にせずに気まぐれで… そう君にいつも 振り回されて あきれたり 疲れたり それでも君に恋してる

引用 乃木坂46「裸足でSummer」 作詞 秋元康

 

近くにいつも 大勢いるよ 男友達 その中の一人が僕だ 悔しいけどしょうがない 告白もしてないし 今の距離感 心地いい 普通で楽なんだ

引用 乃木坂46「裸足でSummer」 作詞 秋元康

 

それなら僕も 裸足になって 一緒にどこまでも歩いて行くよ 何だって付き合うさ 愛しさが背中を押すんだ 自分の気持ちを隠したまま そう君といると素直になれる 欲しいものは前にある いつかはちゃんと話せるかな

引用 乃木坂46「裸足でSummer」 作詞 秋元康

 

いつもの夏と違うんだ 君は気付いていないけど 会っている回数も 触れた指の引っ込め方も… 何度も鏡を見ながら 寝癖を直して来たこと 苦しくなるくらい すべてがぎこちない I know…

引用 乃木坂46「裸足でSummer」 作詞 秋元康

 

 

「」のメッセージ

まとめ

そして、この曲を知って聴いてもらう「きっかけ」になれればと思います

 

この曲に興味を持って頂けたら、こちらから購入できます!

↓↓↓↓

裸足でSummer(Type-A)(DVD付)

いつも見て頂きありがとうございます!

皆様に見て頂けることが、モチベーションアップになります!

 

今後もよろしくお願いいたします!

よろしければ、Twitterをフォローして頂けたら嬉しいです!

↓↓↓↓↓

ABOUT ME
ぷくさん
ぷくさん
乃木オタがこうじて、ブログを始めました! お役立ち情報をお送りしますので、よろしくおねがいします!! Twitterもやっていますので、フォローお願いします!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。